LADDER BRACKETとは? | LADDER BRACKETの使い方 | LADDER BRACKETの使用例 | LADDER BRACKET詳細
2×4材、SHELVING STAY ANGLED 10° と併用し、簡単にスマートなラダーシェルフを作成できるプロダクトです。
2×4材 2本の足下にセットすることで、簡単に角度のついた柱を作成できます。
それを壁に立て掛け、ラダーシェルフの柱とすることで、誰でも簡単に思い思いのラダーシェルフを作成することができます。
PILLAR BRACKETのように「突っ張らせ」固定するパーマネントさではなく、
「斜めに立て掛ける」というテンポラリー・カジュアルさを持つラダーシェルフ。

斜めに立て掛けるので、玄関や廊下、部屋のデッドスペース等、小スペースにも圧迫感なくピッタリと収まります。
是非、あなたに合った、あなただけのラダーシェルフを作ってみてください。スマートにあなたの生活の中に溶け込んでいく事を願っています。



LADDER BRACKETと併用し、ラダーシェルフを作成するためのプロダクトです。
LADDER BRACKETとご一緒にご購入されることをおすすめいたします。
詳しくは “SHELVING STAY ANGLED 10° ページ”
同じ長さの2×4材を2本用意。LADDER BRACKETを2×4材 2本ともに取付け、側面の孔2箇所にネジを打ち固定。 ラダーシェルフを設置する場所に、01.で作成した2×4材 2本をLADDER BRACKETを下にして立てかける。
ラダーシェルフ レイアウトシート ダウンロード(PDF)
このシートをダウンロード・印刷後、記入・計測すれば簡単にあなたの作成したいラダーシェルフの棚板の奥行きが分かります。
木材購入前のシュミレーションに是非ご利用ください。
強度を保つため、天板の厚みは20mm以上をお勧めします。特に本棚などとして、ラダーシェルフを使用する際はご注意下さい。
ラダーブラケットをセットした2×4材を壁に立て掛けた際に、ラダーブラケット底面全体が床に接するように位置を調整ください。
マストではありませんが、安定性のアップと使い勝手の良さを考えると、棚板の奥を壁に接するように設置する事をお進めします。
棚板の厚み、載せるものの重みにもよりますが、ラダーシェルフの幅は800-900mmを目安に作成下さい。
それ以上の幅でラダーシェルフを作成する場合は上の使用例「04」のように連結して使用して下さい。


商品名:LADDER BRACKET(ラダーブラケット) ※2コ入り
価 格:1,800円(税抜き)

made in Higashi Osaka JAPAN